第29回日本時間生物学会学術大会

The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Chronobiology

大会のご案内

大会参加の皆様へ

受付

3日(土)8:00~19:00、4日(日)8:00~18:30;場所未定

事前参加登録を行った方

受付にてご自身の名札をお持ちください。

当日参加の方

総合受付にて、当日参加登録を承ります。参加費はオンライン決済(クレジットカードのみ)となります。また、名札はご自身でご記名いただきます。

当日参加登録費 一般 7,000円 学生 5,000円

優秀ポスター賞の選考

学術大会に参加した評議員は、優秀ポスター賞の審査委員を務めて頂きます。
ご本人が発表者および共著者に含まれるポスターへの票は無効となります。
本大会では可能な限り、ポスターセッションに基づき投票をお願いいたします。

※詳細については、選考委員長からお知らせいたします。

抄録集(学会誌)

受付で抄録集(学会誌)を1冊2,000円にて販売致します。
数に限りがございますので、なるべく学会誌を持参ください。

クローク

峰町1号館農学部中会議室にクロークを設けております。
貴重品、ノートパソコンなどの電子機器、壊れやすいもの、傘はお預かりできませんので、あらかじめご了承ください。

(預かり時間)3日(土)8:00~19:00、4日(日)8:00~18:30

入場に関して

大会期間中は、名札を必ず付けてご入場ください。

録音や撮影の禁止

発表者の許可なしに講演スライドやポスターの撮影、録音を行うことを禁止します。

インターネット回線

未定

昼食

未定

懇親会

検討中

各種委員会

理事会

日時 : 12月2日(金) 18:00~21:00
場所 : 峰町1号館2階農学部大会議室

時間生物学編集会議

日時 : 12月2日(金)15:30~17:30
場所 : 峰町1号館2階農学部大会議室

ポスター賞選考委員会

日時 : 12月4日(日)時間未定
場所 : 峰町1号館2階農学部大会議室

発表者の皆様へ

使用言語

日本語もしくは英語とします。スライド、ポスターの図、データブリッツ資料は、原則として英語でご準備ください。留学生など日本語を母語としない参加者へのご配慮をお願いいたします。

シンポジウム

  • 発表はノートパソコンの使用に限ります。発表者は発表用のパソコンをご持参ください。
  • 演台にはレーザーポインタとマイクが備え付けられています。
  • パソコンからの音声出力はできませんので、予めご了承ください。
  • 開 始前にあらかじめ接続・投影テストを行ってください。会場の演台にパソコンをお持ちください。
  • MiniD-sub15ピン3列コネクター(通常のモニター端子)を使用します。
    パソコン本体のモニター出力端 子の形状を必ずご確認いただき、必要な場合は接続アダプター(HDMI等)をご持参ください。
  • 演台では電源をご利用になれます。必要な場合はACアダプターをご持参ください。
  • 念の為、バックアップメモリー(USBメモリなど)に発表ファイルを保存し、ご持参ください。

ポスター発表

  • ポスター発表は12月3日(土) 15:30~17:30(予定)にUUプラザ2階コミュニティフロアおよび第2体育館にて行います。
  • 掲 示:12月3日(土) 10:30~13:00; 撤 去:12月4日(日) 13:00~15:40 (以降は学会事務局にて処分いたします)
  • ポスターボードの大きさは縦210cm × 横120cmですが、余裕をみて縦180cm × 横100cm程度のポスターをご準備ください。
    ボードの左上に演題番号が貼られています(縦20 cm × 横20 cm)。
  • ポスター発表を行った学会員の中から「優秀ポスター賞」を選考し、日本時間生物学会より表彰いたします。
    受賞者の人数は発表者の5~10%です。優秀ポスター賞は学術大会に参加する評議員の投票をもとに、ポスター賞選考委員会にて選考いたします。

次世代若手コロキウム

  • 1日目午前のシンポジウム1枠を「次世代若手コロキウム」とし、ポスター発表者が口頭発表(10-15分)もできる場とする予定です。発表を希望される方は、 大会参加登録フォーム内の該当する項目にチェックをお願いします。発表者数が限られますので、希望者多数の場合は、身分・研究分野・男女比を加味して選考いたします。「若手」は、学生・ポスドク・助教を想定していますが、応募条件は特に設けません。

データブリッツ

12月3日(土) 13:30~15:30(予定)

利益相反(conflict of interest,COI)の開示について

研究の公平・公正さを維持しつつ産学連携研究の適切な推進を図るため、日本時間生物学会では第23回学術大会より、発表時にスライドの最初あるいはポスター内の任意の場所に利益相反(産学連携活動により個人が取得する利益と、公正な教育・研究における責任が相反する状態)を開示していただくこととなりました。
当学会の利益相反マネジメントに関する指針、および開示の様式は以下のアイコンより確認、ダウンロードできます。

日本時間生物学会利益相反(COI)

優秀ポスター賞

ポスター発表を行った学会員の中から「優秀ポスター賞」を選考し、日本時間生物学会より表彰いたします。
優秀ポスター賞へのエントリーは参加登録の際に行ってください。対象者は学会員に限ります。

優秀ポスター賞(会則より抜粋)

賞の名称は日本時間生物学会学術大会優秀ポスター賞とし、若手研究者の育成を目的とする。
受賞対象者は日本時間生物学会学術大会において優秀なポスター発表をした者とする。
受賞者の人数はおおむね発表者の5~10%とし、柔軟に対応する。
ポスター賞の審査は学会に参加する評議員が行い、選考委員会にて選考する。
学術大会期間中に受賞者を発表して表彰する。
賞状に加え、学会参加費及び懇親会参加費に相当する金額の賞金を贈呈する。